Q 交通事故にあった場合、まず、どのようなことをすべきか教えて下さい。

0 110番、119番に電話をする。

1 相手の身元を確認してください。

 氏名、住所、連絡先は聞き取る必要があります。

 最低限、相手方の自動車のナンバーは記録をしておく必要があります。自動車のナンバーさえ判明すれば、少なくとも自動車の所有者と使用者は判明します。

 

2 現場の保存

 道路のどこで事故が起きたのか、携帯カメラなどで撮影する。とにかく、徹底的に撮影することが大切です。具体的には、それぞれの自動車及び自転車の破損箇所や接触箇所等、怪我の状況、道路の状況、など思い当たる点はすべて撮影するべきでしょう。

 また、目撃者がいれば証言をもらい、連絡先を確認しましょう。

 

3 保険会社へ連絡

 たとえ、怪我をした人が歩行中の場合でも、自動車保険が使える場合もありますので必ず連絡しましょう。

 

4 医師の診察を受ける

 その場では痛みがなくても、後日症状が出てくることがあります。必ず診察を受けておきましょう。


Q 相手方から、保険会社には連絡をしているので、警察への連絡はしないでほしいと言われましたが、警察に連絡をしないと何か問題が有りますか?

 交通事故の被害者に遭った方からも、「急いでいたので警察に届け出をしなかったが、大丈夫でしょうか?」と相談を受けることが有ります。

しかし、警察に届け出をしないと、交通事故の証明書の交付を受けることができませんし、実況見分調書(簡単に言えば、警察が事故現場の状況を記録する書面のことです。)の作成もなされません。

 交通事故の証明書がないと保険金の支払いを受ける際に面倒な手続きが必要になることが有ります。また、実況見分調書がないと、その後、事故態様が争点になった際に、それを証明する書面がありません。

 したがって、必ず、警察には連絡をして、人身事故であれば、人身事故として届け出をする必要があります。

 事故当日に届け出をしなかった場合、すぐに警察に届け出をするべきです。